ブログ 投稿日:2021.07.16 更新日: 2021.07.16

車中泊のおすすめの楽しみ方・便利グッズをご紹介

最近「車中泊」という言葉を聞く機会も増えたかもしれません。

車中泊に不便そうというイメージを抱いている方も多いと思いますが、実際どんなものなのか気になる方もいるのではないでしょうか。

「車中泊」には単に車に泊まるというだけでなく、趣味に没頭できるソロ車中泊や思い出に残る家族での車中泊など、無限大の楽しみ方があります。

今回は車中泊のおすすめの楽しみ方について、便利グッズと合わせてご紹介します。

この記事を参考にして普段とは違う車中泊の旅を満喫してください。

車中泊だからできること

中泊には様々な楽しみ方があります。

普段できない体験や車中泊だからこそできる旅の楽しみ方を求めて、車中泊の旅をする人も多いです。

気軽に旅ができる

車中泊では時間を気にすることなく、気軽に旅をすることができます。

ホテルや旅館などの宿泊施設を利用する際にはチェックインやチェックアウト、食事やお風呂の時間など時間が決められているため、時間通りに行動する必要があります。

車中泊なら宿泊施設を利用する必要がなく時間の制約がないため、出発から帰宅まで自分の好きなタイミングで過ごすことができます。

また車中泊は、宿泊代がかからないので気軽に挑戦しやすいのもポイントです。

自然に囲まれて一晩をすごせる

車中泊の醍醐味は、ホテルや旅館とは異なり自分の好きな場所に宿泊できる点ではないでしょうか。

自然に囲まれた場所に駐車すれば自然を最大限に満喫することもできます。

満天の星空や川のせせらぎ、虫の音をききながら眠り鳥のさえずりで目覚めるという非日常体験ができるのは、車中泊ならではの贅沢といえます。

また、ペットも気兼ねなく自然に触れることができるので、ペットと一緒に旅行する方にも車中泊はおすすめです。

誰にも邪魔されない空間

車中泊では自分だけのパーソナルスペースを構築することができます。

邪魔が入ることがないので、お気に入りの本やタブレットなどを持ち込んで趣味に没頭するにはもってこいの空間です。 

音が反響するので車内で映画館やライブ会場さながらの鑑賞を楽しむことも可能です。

人の目を気にすることなく自分の好きに過ごせるので、ストレス発散にもおすすめです。

朝から晩まで好きなだけ旅を楽しめる

旅行をする際に朝早くから行動したいという方も多いと思います。

前日の夜に家を出て車中泊をすれば、ゆっくりと体を休ませることができるので、次の日朝一から無理なくレジャーに臨めます。

また、宿泊施設のチェックインや終電などの時間を気にしなくてもよいので、朝から晩まで旅を楽しみ、好きな時間に眠りにつくことが可能になります。

快適な車中泊のための工夫

車中泊を快適におこなうためのポイントをご紹介します。

便利なグッズを利用することで、車中泊をより楽しむことができます。

快適に眠るための睡眠グッズ

車中泊をする場合、一番メインとなるのは睡眠です。

キャンピングカーの場合は元々しっかりとしたベッドが付いていることも多いですが、普通車の場合はしっかり体を休めるために寝床作りがとても重要になります。

車のリクライニングを倒しても、思ったよりシートが硬くて首や腰を痛めてしまうことも多いです。

なるべく水平な場所を選び、寝袋やクッション、マットなどの睡眠グッズを活用することで快適な眠りにつくことができます。

車中泊で少しでも安眠できるように、知っておきたい便利な睡眠グッズをご紹介します。

スペースクッション

スペースクッションは後部座席の足元に入れて、足元の高さを座席と合わせることができたり、シートとシートの間に挟んでシートの凹凸を無くすこともできます。

スペースクッションを入れることで、足をまっすぐ伸ばして座ることや、フラットに横たわることができるので快眠効果が期待できます。

座席がフルフラットにならない軽自動車やセダン車におすすめの商品です。

千円台で販売されている物もあり、購入しやすいのもポイントです。

また、もっと小さいクッションが欲しいという方にはドーナツクッションがおすすめです。100円ショップでも販売していて比較的安価で邪魔になりにくく、しっかりと首を支えてくれます。

寝袋

寝袋は軽い上に保温性も高く、硬いシートの上で眠る際には柔らかく体を包んでくれます。

片付けや洗濯も簡単で、コンパクトにまとめることもできるので、トランクルームに1つ載せておくととても便利です。

マットやバスタオル

マットやバスタオルを敷くとシートの凹凸が軽減され、寝やすくなります。

どちらも保温効果があるため畳んで乗せておくと便利です。

また、バスタオルはシートに敷くこと以外にも、体に掛けてブランケット代わりにすること、汚れを拭く雑巾の代わりなど様々な使い方ができます。

危険から守る防犯グッズ

車中泊をする際には防犯対策もしっかりとする必要があります。

特に就寝時は無防備になりやすいので、ロックをかけるのはもちろん、窓を開ける際なども注意しましょう。

プライバシーを守るためにも準備しておきたい便利な防犯グッズをご紹介します。

車内用カーテン

現在は多くの車が外から車内が見えない作りになっていますが、車内用カーテンを取り付けることで外部からの視線を遮断することができます。

よりプライベートな空間を作ることができ、冷暖房効果を高める役割もしてくれる便利なグッズです。

ただし、車内用カーテンは視界を遮るため、運転時には必ず外して走行してください。

ドライブレコーダー

ドライブの思い出を残すことのできるドライブレコーダーも便利な防犯グッズです。

事故やトラブルなどに巻き込まれた際にドライブレコーダーを取り付けていれば、証拠となる映像を残してくれるので、とても心強いです。

取り付けただけで記録されていなければ意味がないので、ドライブレコーダーを使用する際には、実際に録画されているか定期的に確認しておきましょう。

車中泊に適した場所を選ぶ

自然に囲まれた場所での車中泊も素敵ですが、車中泊向けの施設を利用するのもおすすめです。

現在はRVパークという車中泊をおこなう方に向けた便利な施設も多くあります。 目的にあった場所を利用することで、より快適に過ごすことができるでしょう。

車中泊に適した場所についてはこちらの記事で詳しく紹介しています。

▶︎車中泊できる場所とは?安全で快適な場所の選び方と意識したいポイント

道の駅での車中泊もおすすめ

RVパークだけではなく、道の駅の中にも積極的に車中泊を推奨している場所があります。

道の駅ではトイレやシャワー、休憩スペースを利用できたり、物産館や売店で現地の食材を購入できたりと、より思い出に残る車中泊の旅ができるのではないでしょうか。

岩手県田野畑村の道の駅たのはた「思惟の風」も車中泊を推奨している道の駅のひとつです。岩手県や田野畑村の絶品グルメが集まっていて、自然に囲まれながらグルメを楽しむことのできる車中泊をおこなうことが可能です。

岩手県に訪れた際にはぜひ利用してみてください。

車中泊ならではの楽しみ方を満喫しよう

家族とのアウトドアや、プライベート空間を使って日々のストレスを発散するなど、今回は車中泊の様々な楽しみ方についてご紹介しました。

普通の旅行と異なりコストもかからないので、気軽に楽しむことができますよね。

車中泊をおこなう方に向けた便意グッズも多く売っているので、ぜひ活用してください。

ルールやマナーを守り、ぜひ自分好みの車中泊の楽しみ方を見つけてみてください。